チャートを読む

正にプロフェッショナル研究をするときの株価絵を見分けるときのパートを評する。

株価絵にわたりはどれを見ればよろしい?

株価絵にわたりはいろいろあります。そうなると、シロウトのかたは「どの日にちの絵を見たらいいの?」と問がわいてくる。

一年中・1週・一月・3ヶ月・6ヶ月・年間・3年代・5年代・10年代など日にちが違う絵があり、おんなじブランドも絵の下ごしらえ日にちにて取り引きタイミングが喜ばしい場合もあれば小さい場合もあります。

「一月絵だと買いなんだけど通年見るとやばいなぁ・・・」

とか

「一月絵だとゴールデン手ぬぐいが出てるけど6ヶ月だと何も薄いんだよなぁ」

といった感じですね。

では「どの日にちの絵を見ればよいのか?」ですが、どの日にちで絵を見ればよいかのに「正解」はありません。ファンド日にちや計画にて見極める絵は違うからです。

ただ、まず自分が投資する日にちという絵を見るとよいでしょう。

デイトレなど短期間の場合は毎日の絵を見極める必要がありますし、長期ファンドなら1年代や3年代・5年代などの長いスパンでの絵を参考にする。

日にちが特に決まっていない場合は、計画がない通り投資するによってまずは自分の建前を決めたほうがいいのですが、とりあえずデフォルトプラグインで表示されている日にちの絵を確かめるでよいと思います。

そのうえで、参考として「より長期的には何とか?」という大きな流れを見るために長期の絵をみたり、買うと決めてから買うタイミングを図るために短期間の絵を見てみるというのもよいですね。

大勢が注目するナンバーに題材

次に、絵を見分けるときに注目するべきパートの評だ。

株の板を見ていると聞こえるのですが、500円、1000円、10000円といったきりのいいナンバーや、過去の高額、過去のリーズナブルなどには大きな買いや売りの配達が固まる傾向があります。

そういったナンバーの近辺にはみんなが買いや売りの注文を出すので、板が大きくなります(多くの配達が集まるので、株価がその経費を乗りこえづらくなります)。

例えば大きな売り板があると、それ以上の手強い買い勢いがないとなかなかそこを抜けないものです。「1000円で売りたい」という配達が100万株あれば、「1000円限りも買いたい」という買い配達が100万株限り無ければ株価は1000円以上には上がりませんからね。

ただ、大きな板を抜いたとたんに、一気に買いや売りがテンポし、株価が上がったり下落したりすることがあります。

株価が上昇するときは、大きな板をのち抜いたため、買い真実味から、その株への買いが集中し、株価が上昇していきます。株価が下落するときは、大きな板を下部抜いてしまってため、まだまだ飛び降りるんじゃないかという内面が働き、パニック売りから株価がスピードダウンする。

「1000円超えた!買いが著しいからもっと出るかも!」

「1000円切った!恐ろしい!もっと下りるかも!少なく売ろう」

という内面から買いや売りが加速するわけです。

このように、「大勢が注目するナンバー」には人の内面が動くので、そこが鍵となります。

大勢が注目するナンバーには、きりのいいナンバーや過去の高額、リーズナブル以外にも、株価絵に潜むナンバーがあります。これは例えば「気質体型」などいろいろありますが、絵に潜むナンバーを紐解くことが株価絵の見方では重要に繋がる。

まずは潜むナンバーの基本として気質体型を少し評する。

気質体型は株価絵に潜むナンバー

プロフェッショナル研究で株価絵を探る実例、きりのいいナンバーや過去の高額やリーズナブル以外にも、基準にのぼるナンバーが出てきます。それを探るのが「気質体型」だ。

気質体型は、株価絵の流れの下といった下を結び付ける線を引きます(詳しくは次のページトレンドラインの理解で写真付きで評する)。

絵に退くこういう線を気質体型といった効く、株価の下における体型を下値評価線といいます。絵の流れの山中のシーズンといったシーズンを結び付ける、株価の上に起こる体型を上値反対線といいます。

プロフェッショナル研究では、上述上値反対線や下値評価線が「きりのいいナンバー」と同じ使途をはたします。

上値反対線はその体型で株価の進展が抑えられ、その体型を引き抜けることができればそれだけ進展の勢いが手強いので株価はさらに登る確率が高くなります。また下値評価線は株価の後退を食い止め、そこから反発して上昇し鳴らす可能性の高い体型ですが、下値評価線を下に抜いてしまうと、後退の勢いが手強いのでさらに後退を積み重ねる可能性が高くなります。

バイナリーオプションとFX