ローソク足の見方

低級ソク足絵は、株価絵で最高大きく使われているもので、証券職場のウェブなどで見て取れる絵はほとんどがこういう低級ソク足絵だ。

1読み物で一年中のパターンが極める

低級ソク足絵は、1読み物だけで一年中の以下の株価がわかります。

始ナンバー(その日の最初についた株価)
終値(その日の最後についた株価)
高額(その日最高高かった株価)
リーズナブル(その日最高安かった株価)

低級ソク足といった数量の照合の図 低級ソク足1読み物だけで一年中の値幅がある程度わかります。図の右のように数量だけで生まれるよりも、ビジュアルとしてイメージで思える絵のほうが見やすいし値幅の狙いもし易いですよね。

値幅の見かたはいずれ注釈しますが、まずは実際に低級ソク足絵を書いてみましょう。書き方がわかれば意味もわかりやすいだ。

低級ソク足絵の書きかた

始ナンバー・終値で低級ソクを書く

低級ソク足絵の図
低級ソク足絵の書きかたは、まず始ナンバーと終値の部分に線を引き、四角を作ります。始ナンバーによって値上がりして、終値のほうがおっきい状態を陽線といいます。陽線の日光は買い手の善悪が売りヤツから強かったことを意味します。

始ナンバーによって終値のほうが値崩れやる状態を陰線という済む、四角の内側を黒で塗りつぶし、黒い四角にする。陰線の日光は売りヤツの善悪が買い手によって強かったことを意味します。最近の絵は陰線は青色もよく使われます。

※陽線の場合、低級ソクの下が始ナンバー、上述が終値をあらわし、陰線(黒)の場合低級ソクの上が始ナンバー、部下が終値を表します。

高額・リーズナブルのヒゲを書きいれる

株価は一年中の間に変動するので、一時的に始ナンバーという終値にかけの賃料よりも株価が高くなる時もあります。

例えば株価100円で訪れ、125円まで上がったけれど終値は120円だったような状態だ。高額(125円)が始ナンバー(100円)・終値(120円)のどっちより高く、低級ソクの四角の中に高額が収まらない場合は、四角の上に線を引きます。
そうすると、四角ではなく低級ソクのカタチになります。これがこういう絵が低級ソク足絵と呼ばれる理由です。こういう四角からはみ出た高額の線をヒゲと呼びます。

リーズナブルが四角の中に収まらなかった場合は四角の下に線を書いて逆専用の低級ソクカタチにする。高額、リーズナブルとも四角の中に収まらない場合は変動にヒゲが高まるカタチになります。

その日の値幅を見て翌日の動きを予想する

低級ソク足絵で一年中の値幅を見ると、ある程度の次の日の株価の動きを予想することができます。

例えば、長い陽線で上にヒゲがない状態、陽線が長いは広く株価が高騰したので、upの善悪が強かったということになります。また、ヒゲがないは、高値でその日の売却が終わったので、upの善悪が継続され、あしたもその善悪が貫くと予想できます。

また、陽線も、少ない陽線の上に長いヒゲがある場合は、株価は時かなり高騰をしたけれど、そこから売りの善悪が強く、株価は戻されてしまったと予想できます。

こうなると一時はupの善悪が強かったけれど、途中から売りヤツの善悪の方が強くなってしまったので、強気が継続するとは言えません。特に高額圏(すでに株価が値上がりしている状況)でこういう形の低級ソク足が出た場合は、翌日から株価が下げ市場に変わる可能性もあるので注意が必要です。

投資のメリットとは