投資家の心理を考える

ほとんどの投資家は株の取り引きをする際に、株価図表を参考にします。多くの投資家が図表を参考にするは、株価図表には群集心理が働きます。その心的を掴むことが株で勝率を高めるポイントになります。

おんなじ報せも違う対応

とある株の株価が徐々に値上がりして赴き、10000円を突破した機会、投資家にて様々な心的対応を示します。

「10000円を突破した!是非があるから買いです」と強気に見て直ちに貰う個々
「ここまで上がったからもうです」と利益確定の売りを鳴らす個々
「利益確定の売りで少し下がる企業を押し目買い」という下がるのを待って貰う個々
など、人によってどう判断するかは様々です。

株価の動きや項目にて、投資家はどのような反応をするか、いかなる心的がはたらくかを知る素行、そして今の市場ではいかなる心的が大勢を占めるのかを考えて行くことが、株の勝率を上げて出向く上で大事になってきます。

組合の好業績展示が続き、アメリカ合衆国の株価も進展、日経程度も順調に進展間など、業界が強気の時は強気の心的(買おうという心的)が大勢を占める確率が高くなります。

「今の業界はこういう報せにどう反応するか?」を考え、群集の心的をよむ結果管理の勝率は格段に違ってきます。

株価図表は群集心理が読みやすい

株価図表の場合、ある程度決まった定型が一般に広まっているので、その定型通りに株価が動いたシーン、図表の定型通りに動いたというリライアビリティから、図表の印通りの取り引きが活発になります。図表で「買い」の印が出た機会、多くの投資家はその印によって買いの配送を入れて来る。その流れに広く乗ずることができれば、賢く売り上げることができます。

逆に、株価図表のパターンと反抗の動きになったシーンをダマシと言います。図表では買い印が出たのに、その逆に株価が下がりだした時は、その印以上の硬い売り外敵があるということになります。

図表のパターンを信じて買いを入れた個々が、別の動きになった結果損切りの売りを流す結果さらに株価が下がり、下がる結果パニック売りが起こり、図表の印と逆方向に向けて凄い株価の流れができます。

デイトレなど、株価図表を判断の基準として株の取り引きをする際は、こういうダマシになったときのことも考えて計画を立てることが大事です。

商標単位の検証学上の調べを紐解く

株価図表の定型はあくまで過去のもので未来の乱高下を保証するものではありません。しかし、「投資家たちは過去にどういう定型で投資していたのか?」という調べを見ることができます。

また、商標にて”どんな投資家が多いか”が違う。株主特権が婦人に人気の商標は主婦層が多かったり、昔から安定している揺るぎない組合は長期間保有する投資家が多かったり、銘々商標ごとに投資家の部類が差異、当然心的状態も違ってきます。

それを読み解き「こういう商標はこうです!」というのがわかると、あなたの勝ち定型が仲間現れるかもしれません。勝ちパターンを見つけた商標が増えるほど、勝率もどんどん上がっていくでしょう。

バイナリーオプション