日足・週足・月足チャートについて

低級ソク足チャートには、期間にていくつかのバリエーションがあり、かじ取り方法にあったチャートを見ることが大事です。一年中の株価で1読み物の低級ソクを書く日足のほかに、ウィークの株価で1読み物の低級ソクを書くウィーク足、一月の株価で1読み物の低級ソクを書く月々足などがあります。

基本は日足チャート

低級ソク足チャートの基本は日足チャートで、一年中の始数・終値・高額・安値で1読み物の低級ソクを作ります。日常チャートを探るときはこういう日足を見ます。低級ソク足の基本形なので、日足で乱高下を読めるようになれば、月々足やウィーク足のチャートもよむことができるようになります。

こういう日足チャートは株価チャートも金字塔可愛く見分けるイロハのチャートですので覚えておいて下さい。

これを基本に、例えばもっと長期で見分ける実例(1年間のチャートなど)は、毎日の乱高下だと細かすぎる結果月々足チャートやウィーク足チャートで表現されたり、またデイトレなど一年中の中での動きをチャートで見たい場合はより細く乱高下が見れる昼間足チャート(5パイ足・1パイ足など)もあります。順番に見ていきましょう。

月々足チャートで大きな流れを見る

月々足チャートでは株価の大きな流れを見ます。月々の最初の太陽の始数・月々の終わりの太陽の終値・月内の高額・安値で1読み物の低級ソクを創り、株価の長期的にみた大きな流れを見分けるのに使います。

永年投資をする場合などは、世代単位で過去の乱高下をチェックすることがあります。その際に日足チャートでは細かすぎて逆に見にくくなってしまうので、月々足チャートを使います。店先四季報にあるチャートもこういう月々足チャートだ。

通常は長期の株価チャートは10世代ぐらい前の物品まで見ることができますが、中には30世代前からの株価チャートを見ることができる物品もあります。

ウィーク足チャート

ウィーク足チャートは日足・月々足の中間の中期的流れを確かめるのに使います。月曜の始数・金曜の終値・ウィークの高額・安値で1読み物の低級ソクを作ります。株価の永年的流れを見たいけれど、月々足では流れが大きすぎてもう少し細く見たい実例などに使います。

また、一年中の中での株価の推移を見極めるためには昼間足チャートを使います。デイトレなどで使用するチャートで、日足よりももっと詳しい、分単位で1つの低級ソクを見つけるチャートもあります。

カードローン自己破産について