連続注文をしてみた

耐久配達は、「Aの配達が完了したら次はBの注文を出す」という、次の配達まで予約できる配達企画だ。

例えばあんなケースで使えます。

株価が上がりそうなA株をあしたすぐにでも買いたい! もA株を貰うには資金が足りない!

B株を売れば資金が足りるからB株を売ってA株を買おう!

これはよくあることですよね。でも・・・

B株の売り配達は先に出して関するけど職場が9場面からだから昼休みまでA株の買い配達が出せない!!!その間に株価が上がって高くなってしまいそう!

こうしたときに耐久配達を使えば、朝のうちに「B株の売り配達⇒完了したらA株の買い配達」というように、次の配達も予約しておくことができます。

リバース配達のやり方

これはそんな非常時のときだけでなく、「A株がいくら以上で利益確定できたら次はB株を買っておこう」といった、費用を効率的に使いたいけど忘れないように注文しておこうといったやり方もできます。

ようするに「B株を買いたいけど資金が足りない。 も現下抱えるA株を売れば選べるぞ」というときに使える配達企画ですね。

早朝A株の売り配達を出して置き、昼休み爆走でB株の配達をしに行かなくても、「A株短く売れてくれ!B株まだ挙がるな!」と取引に密生できないほど株価が気にしなくても、耐久注文で出しておけば大丈夫です。

完了告知メールや株価アラートメールを携帯に設定しておけば買ったシーンや売ったときにメールが来るので、配達を生み出したらあとは取引に集中したり宅配をしたりしながらメールを待っていればいいんです。

株式トレードはPCウィンドウの前に張りついて株価を見続けたり、他人とのサウンドに密生できないほどスマホの株価ウィンドウが気になってしまいながらするようなものではありません。こういった便利なオートマチックルーティンワーク配達を通して余裕で面白くやりましょう。

ものさし:耐久配達の使い方

耐久配達が助かる一流証券職場・インターネット証券

耐久配達は一流証券職場の野村證券や大和証券も使えますが、手間賃の安っぽいインターネット証券も対応した証券職場があります。

インターネット証券ではマネックス証券・カブドットコム証券で使うことができます。(※カブドットコム証券での冠は「リレー配達」)

耐久配達が使える一流証券職場

大和証券(オンライントレードのみ)
野村證券(野村インターネット&呼びだし)
耐久配達が払えるインターネット証券

マネックス証券(耐久配達)
カブドットコム証券(リレー配達)
インターネット証券と一流証券会社では手間賃がかなり違うので、こういう配達を低い手間賃で使いたい人物はマネックス証券やカブドットコム証券でポッケ進出をください。

バイナリーオプションの攻略