リバース注文とは

リバース買い物は「A品名をyes円で買い」という注文を出すときに、同時に「買えたあとはyes円で売り」という利益確定の買い物も出せる買い物手立てだ。

リバース買い物のやり方

「こういう株が買えたらいくらで利益確定決める」

あんな瞬間、普通は買いの買い物が仕上がるまで売りの買い物は出せませんが、リバース買い物なら先に出して関するんですね。

例えば株価図式を分析して「こういう品名は100円以下で買って、利益確定は120円、損切り関連は90円ですな」に関して。品名お薦めキャンペーンにおいていると、買いの額って利益確定の額があらかじめ指定されていることもよくありますよね。

リバース注文では例えば『A品名の買い買い物が取り引きしたら、取り引きした予算+yes円の額で売り買い物を用命(yes円暴騰すれば利益確定の売り)』

といった注文を出すことができます。

この場合、本来買い買い物を出して、買い物が約定してから売りの買い物を出さなければいけませんので、OLのヤツなどは内を逃して仕舞う方も多いようです。
しかし、マネックス証券の「リバース買い物」を使えば、買い買い物と共に利益確定の売り買い物もあらかじめ出してまつわるんです。

なので、例えば100円で買えたら次は120円で売りの注文を出すという瞬間、リバース買い物って通常の注文ではこのように違う。

リバース買い物:①100円で買えたら120円で売りの買い物
通常の買い物:①100円で買い買い物⇒取り引き ②120円で売りの買い物
「たった1ごと買い物の時間が違うだけ」というかもしれませんが、OLなど昼の時間に自由に取引できない輩には非常に頑張るんです。

OLにはとても使えるリバース買い物

OLなどにとりましてウィークデーの昼間に内激しく買い物が出せるはなかなかしんどい人も多いものです。

そんなときリバース注文であらかじめ次の買い物も設定しておけば、安心して仕事に集中し、その間にあなたが決めた定説通りの業種を自動的にできるんです。

だから、始業前に指値で買い物を出しておいて、「取り引きメルアド」が届いたらキャプテンの目線を盗むようにそっと机の下で携帯で注文することもないし、ベテランに見られないようにわざわざ便所に立って電話から売りの買い物を出してくる肝要もありません笑。

そんなことをしなくても、リバース買い物を使えば次の売り買い物まで仕込み叶うんですね。便利な買い物手立てなのでぜひ活用してください。

目標:リバース買い物のやり方

リバース買い物が払えるWEB証券

リバース買い物はカブドットコム証券で使うことができます。リバース買い物ものの買い物手立てとしてカブドットコム証券のUターン買い物、楽天証券の据置買い物、コンサート花形証券のIFD・IFDO買い物、岡三ウェブ証券のIFDONE買い物があります。

WEB証券にてネーミングが違いますが中身は同じです。

リバース買い物が助かるWEB証券

マネックス証券・・・リバース買い物
カブドットコム証券・・・Uターン買い物
コンサート花形証券・・・IFD/IFDO買い物
岡三ウェブ証券・・・IFDONE買い物
楽天証券・・・据置買い物
WEB証券を通じて手間賃が違うので、リバース買い物を安い手間賃で使いたいヤツはこれらのWEB証券の手間賃を比較してポケットを作り上げることをオススメします。

FXバイナリーオプション